concept

木之下城伝承館・堀部邸
運営コンセプト

愛称「木之下城伝承館・堀部邸」

■活用
・城下町風情を感じる場の再現(展示館)
・城下町文化・伝統文化企画(猪之子座)
・木之下城を中心とする伝承・文化遺産散策拠点(地域学芸員)
・古民家再生,市民参加型修復事業(文化財研修)

■キーワード
暮らしの中の「旧暦」歳時

■方針

・出来るだけ「旧堀部家住宅」初期の景観を復原・修復し,建物にまつわる歴史を見える化
・犬山城と木之下城を含めた総合的文化遺産案内所
・町衆の参加を前提とした,地域コミュニティの「たまり場」的活用
・城下町の伝統的文化の伝承とワークショップ広場
・歴史・民俗・文化遺産資料の収集・研究と公開拠点

主な活動内容

■武家風屋敷「堀部邸」展示館
主に「主屋」と庭を活用し,その景観を旧来に復原・修復し,維持管理を前提とした見学・公開
気軽に立ち寄り歴史的雰囲気を味わえる,犬山城下町内に残る貴重な休息空間
「庭」等を利用して,文化遺産を醸し出すイベント開催
■木之下城下町案内所
犬山城や「木之下城」界隈を散策するルート提案。伝承・歴史的場面を基にした散策・情報案内所。
犬山城下町「南まちづくり」の核施設の一つとしての活用
「いぬやま地域学芸員」詰所&「犬山たび」情報拠点
■「猪之子」座
主に「主屋」を活用した文化・歴史ワークショップの開催
伝統文化を楽しむ,さまざまな企画を定期的に開催
■「邇波里文庫」
土蔵を利用して文化遺産・歴史・自然などの資料収集と保存・活用拠点
映像記録・写真等の展示会の開催など
■ニワ里ねっと事務所
「旧貸家」にNPO法人ニワ里ねっとの事務局を置き,事務所として活用
「犬山」の歴史・民俗・文化遺産資料の収集と研究活動の拠点とする。